【解説】高スワップ通貨への投資で毎月不労所得を得る方法

こんにちは。ニクです。
本日は、高スワップ通貨への投資で毎月不労所得を得る方法を解説します。

ニクはSBI FXトレードでの積立FXも行っていますが、こちらはトレイダーズ証券(みんなのFX)での高スワップ通貨に的を絞った投資方法です。

FXでは通貨を保有し続けるとスワップポイントを原則毎日受け取る(支払う場合もあります)ことが出来ます。低金利の円を売って、高金利の通貨を買うことでその金利差分を受け取ることができる仕組みです。

ニク

代表的な高金利通貨

建玉を保有するだけでスワップポイントが受け取れる通貨の中でも、下記のトルコリラ南アフリカランドメキシコペソは高スワップ通貨として有名です。

通貨ペア 通貨数 スワップポイント
1日 1ヶ月 1年
トルコリラ/円 1万通貨 120円 360円 43,800円
南アランド/円 1万通貨 16円 480円 5,840円
メキシコペソ/円 1万通貨 15円 450円 5,475円

※1日スワップポイントは本日(2018年11月23日)調査のデータを反映
※スワップポイントは毎日365日貰えるため後は単純計算
※スワップポイントは金利動向により日々変動します。将来のスワップポイントについて保証するものではありません。

ご注意
レバレッジ1倍で年間10%以上、3倍なら年間50%程度の運用が期待できる高スワップ通貨への投資。貨幣価値の下落リスクは十分に考慮する必要があるため、レバレッジを高く設定しないことが重要です。ロスカットされてしまっては元も子もありません。

レバレッジの考え方

証券会社で表示される現在価格は1通貨当たりなので、現在価格×1万を行えば1万通貨当たりの必要証拠金を求めることが出来ます。
個人口座でのレバレッジは最大25倍まで認められているものの、25倍で運用しているなんて話は聞いたことがありません(笑)
特にスワップポイント目的の投資は長期保有が基本です。レバレッジは最大でも4倍までとすべきでしょう。

通貨ペア 現在価格 1万通貨を購入するための必要証拠金
レバレッジ1倍 レバレッジ2倍 レバレッジ3倍 レバレッジ4倍
トルコリラ/円 21.300 213,000円 106,500円 71,000円 53,250円
南アランド/円 8.206 82,060円 41,030円 27,353円 20,515円
メキシコペソ/円 5.570 55,700円 27,850円 18,566円 13,925円

※現在価格は本日(2018年11月23日)調査のデータを反映

高スワップ通貨への投資方法

ニクは毎週5万円をみんなのFXに入金し、下記の単位で買い増しを行っています。
私は毎週という頻度で買い増しを行っていますが、頻度は毎月に置き換えても問題ありません。

  • トルコリラ0.1万通貨
  • 南アランド1万通貨
  • メキシコペソ1万通貨

つまり、レバレッジは以下のようになります。

  • トルコリラは1万円につき0.1万通貨なのでレバレッジは2倍程度
  • 南アランドは2万円につき1万通貨なのでレバレッジは4倍程度
  • メキシコペソは2万円につき1万通貨なのでレバレッジは3倍程度

この投資方法のスワップポイントは?

トルコリラは1万通貨に対し1日120円スワップポイントが受け取れるので0.1万通貨では1日12円。南アランドは1万通貨に対し1日16円、メキシコペソは1日15円ものスワップポイントが受け取れます。
5万円の投資に対し、1日43円、月間1,290円、年間15,695円となります。

とんでもない利回りですね。

この利回りから回るように、3年半ほどロスカットされずに建玉を保有し続ければ投資額を上回ることになります。
そのため、この投資法はロスカットされないことが最も重要となります。

ロスカットを避けるためにも、多くのスワップポイントを得るために一度に通貨を購入することは危険です。
将来どのように価格が推移するかが分からないため、購入時の価格が高いか、安いかというのは誰にも分かりません。
そこで定期的に購入することで取得単価の安定を図っています。

スワップポイント目的の投資を始められる方は、長期的に安定して通貨を保有し続けられるよう、レバレッジを高め過ぎず、定期的に買い増しを行っていきましょう。

みんなのFX(トレイダーズ証券)
ニクが高スワップ通貨への投資を行う際に利用しているFX会社です。
スワップポイント目的なのでスワップポイントが高い業者を使わなくては意味がありません。

トレイダーズ証券 みんなのFX

▼良かったらクリックお願いしますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA