FXの自動売買で儲けよう!失敗しないシステムトレードとは?

こんにちは。ニクです。

FXでは自動売買(システムトレード)が盛んに行われています。
皆さんも「専門知識は必要ありません!全自動取引でらくらく取引」などのキャッチコピーを証券会社のHPなどで目にしたことはありませんか?

私が最初にこのようなキャッチコピーを見た時の感想は「なにそれ、怪しい…」でした。
でも、「本当に儲かるならしてみたい」という気持ちを捨てきれずに試してみたことがきっかけです。

投資を始めたばかりの頃にFXの裁量トレードを行っていましたが損失を出すばかり。FX=恐ろしいものというイメージが自分の中で定着していましたが、システムトレードのおかげでイメージは一変!

ニク

今回は各社が提供する自動売買(システムトレード)を紹介していきたいと思います。

自動売買とは?

自動売買とは、プロから提供されたプログラムを使って自動で売買することです。
最初に設定を行うだけで後の売買はすべてコンピューターが自動的に行ってくれるため、FX初心者や経験の浅い方でもプロと同じような成績を残すことが可能です。

自動売買はシステムトレードやシストレとも呼ばれ、FXでは非常に一般的です。自分で売買の判断を行う裁量トレードよりもシステムトレードの方が、損失額が1/3になるという統計も出ています。

システムトレードのメリット
・テクニカル分析などの知識がなくても大丈夫
・時間がなくても大丈夫
・感情的にならずに済む

勉強をしなくても時間がなくてもシステムトレードは、自動的に売買してくれます。
すべきことは、どのシステムトレードを利用するか検討すること、またロスカットされないように資金管理を行うことの二点のみです。

自動売買の種類

各社が提供している自動売買ツールには、大きく分けて下記の4つのパターンに分類されます。それぞれの特徴を理解して、自分にあったものを選択しましょう。

  • 選択型
  • プログラム型
  • MT4型
  • 自動発注型

下記は各FX業者から提供されている自動売買ツールです。

選択型 インヴァスト証券 シストレ24
アイネット証券 ループイフダン
セントラル短資FX セントラルミラートレーダー
ひまわり証券 エコトレFX
トレイダーズ証券 みんなのシストレ
プログラム型 インヴァスト証券 トライオートFX
FXプライム byGMO ちょいトレFX
カブドットコム証券 シストレFX
MT4型 FXトレードフィナンシャル MT4
楽天証券 MT4
OANDA Japan MT4
FOREX.com MT4
自動発注型 マネースクエア トラリピ
FXブロードネット トラッキングトレード
外為オンライン iサイクル注文
マネーパートナーズ HyperSpeed NEXT
YJFX! リピートトレール

選択型の自動売買ツール

選択型とはFX業者が提供している自動売買ツールから好きなプログラムを選択するものを指します。専門的な知識は不要で選ぶだけで良いため、最も初心者向けと言えます。

代表的なインヴァスト証券のシストレ24を例に選択型の自動売買ツールを見てみましょう。

▼インヴァスト証券のシストレ24

インヴァスト証券のシストレ24の画面を開くと「実現損益順」にソートされたストラテジーが一覧表示されています。
選択型はこの中から使いたいストラテジーを選択し、必要な資金を入金することにより、24時間自動売買が開始されます。

ストラテジーとは
ストラテジーとは投資戦略のことで、一般的には投資で利益を出すための指針や手法、目標を意味します。
シストレ24の評価
使いやすさ
(4.0)
ストラテジーの数
(4.5)
スプレッド
(4.0)
総合評価
(4.0)

ニクもシストレ24を利用していますが、説明書を読まなくても直感的に触れる管理画面の利便性の高さ。また、膨大なストラテジーが用意されており自身に見合うものが選択可能、米ドル円のスプレッドは原則固定で業界最狭水準です。

シストレ24のページを見てみる

プログラム型の自動売買ツール

プログラム型の自動売買ツールは、その名の通り自分でプログラムを組んで自動売買ツールを作成します。自分で作成するため自由度は高いものの、初心者向けではありません。

但し、FXプライム byGMOのちょいトレFXは予め用意されたストラテジーを選択する「選択型」の機能と独自の自動売買プログラムを作成することが出来る両方の機能を備えており、初心者でも比較的簡単に扱えます。

FXプライム byGMOのちょいトレFX

ちょいトレFXの評価
使いやすさ
(3.5)
ストラテジーの数
(4.0)
スプレッド
(4.0)
総合評価
(4.0)

ちょいトレFXは少し自分でカスタマイズしたいけど、一からプログラムを書くのはちょっと難しいという方におすすめです。プログラム知識は不要で案内に従って選ぶだけで自分だけのストラテジーが完成します。自分だけのストラテジーを作る作業は楽しいですよ。

ちょいトレFXのページを見てみる

MT4型の自動売買ツール

FX取引ツールとして世界中の投資から愛用されているMT4は、とても使いやすく便利です。MT4は、誰でも無料でダウンロードできるトレード用のプラットフォームで、世界中のシステムトレーダーに愛用されています。

各種テクニカル指標をチャート上に表示できる機能性の高さ、またMT4に搭載されているシナリオ作成、バックテスト、チューニング機能を利用して精度の高い自動売買が行えます。MT4のデメリットは、PCにインストールして使用するため、自動売買中はPCの電源(MT4も)が落とせないことですね。

FXトレードフィナンシャル

FXトレードフィナンシャルの評価
使いやすさ
(4.5)
ストラテジーの数
(4.0)
スプレッド
(4.0)
総合評価
(4.0)

FXトレードフィナンシャルはMT4のスプレッドの高さを解消し、業界最狭水準!コストを抑えつつ、自由度の高いMT4を利用することが出来ます。初心者向けではありませんが、低スプレッドでMT4を使いたい人向けには最高と言えるでしょう。

FXトレードフィナンシャルのページを見てみる

自動発注型の自動売買ツール

自動発注型は、最初に設定した条件に基づき発注と決済を自動的に繰り返すものを指します。
設定は初回のみで簡単、後は自動で注文を繰り返します。初心者でも簡単に利用出来、マネースクエアのトラリピや外為オンラインのiサイクル注文の人気は凄いですね。

マネースクエアのトラリピ

トラリピの評価
使いやすさ
(3.5)
ストラテジーの数
(3.5)
スプレッド
(4.0)
総合評価
(3.5)

トラリピはトラップリピートイフダンの略。トラップのようにいくつもの注文を等間隔に行い、決済を繰り返します。FXの6~7割はレンジ相場と言われており、レンジを捉えて注文⇔決済を繰り返してくれるトラリピは、相場にハマれば利益が大きく取れます。損切り指定は存在せず、購入したらひたすら決済を待つため、こまめな資金管理が必要です。

トラリピのページを見てみる

まとめ

FXの自動売買ツールをパターンに分類して紹介してきましたが、初心者向けにおすすめするNo,1自動売買ツールはというと。。私個人としてはインヴァスト証券のシストレ24です。個人的に一番愛用していることもあり、私的な感情が入っている感は否めませんが(笑)

どのパターンにおいても、代表する自動売買ツールは非常に優れています。ご自身の投資方針・スタイルにあったツールを選択されてくださいね。

▼良かったらクリックお願いしますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA