くりっく株365のFTSE100を複利で長期資産運用するとどうなる?

こんにちは。ニクです。
今回はニクおすすめのくりっく株365のFTSE100を複利で長期資産運用した時のシミュレーションをご案内します。ここでの複利とは、配当相当額をそのまま再投資し続けることによって、加速度的な資産の増加を実現するものです。

今日はニクもハマっているFTSE100を複利で長期資産運用したら、どうなるか?をお送りします。複利の効果にビックリされると思いますよ。

ニク

くりっく株365とは?

くりっく株365とは東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引愛称です。
国内外の株価指数を少額から、日中はもちろん夜間でも取引することができ、配当を受け取ることもできるなど、従来の金融商品とは異なるさまざまな魅力を持っています。

取引できる株価指数は?

日経225NYダウ(アメリカ)FTSE100(イギリス)DAX(ドイツ)の4つの株価指数を円建てで取引できます。
指数なんて実体のないものをどうやって取引するの?と不思議な感じがしますが、差金決済取引である「くりっく株365」は現物の株とは違い、指数の買値と売値の差額を決済することによって取引するのです。

円建てなので為替リスクなしにほぼ24時間、祝日でも取引が可能です。

▶詳しくは「くりっく株365とは?」をご覧ください。

FTSE100とは?

FTSE100はイギリスのロンドン証券取引所に上場されている、時価総額が大きい100社を対象とし、1983年12月31日の株価を基準値(1,000ポイント)として計算された、時価総額加重型指数となっています。

馴染みのない名称ですが、銘柄の入れ替えは四半期に一度実施されており、FTSE100の構成銘柄の中には世界有数のトップ企業がずらりと並んでおり、この100社でロンドン証券取引所の時価総額の約8割を占めています。

▼FTSE100を構成する世界有数のトップ銘柄

・グラクソ・スミスクライン(製薬会社)
・プルデンシャル(保険会社)
・ロールスロイス(製造業)
・ロイヤルダッチシェル(石油会社)
・バーバリー(ファッションブランド)
・ユニリーバ(一般消費財メーカー)

複利運用の基となる配当相当額

2018年の予想配当・金利は以下となります。

適用金利※1 金利相当額(日)※2 金利相当額(年) 配当相当額※3
1.21% 24円 8,760円 29,113円

※1:2018/4/23 ~ 2018/4/27の適用金利
※2:2018/4/24の金利実績
※3:2017年の配当実績

上記から、配当相当額29,113円-金利相当額8,760円=20,353円を1年間で受け取ることが出来ると計算します。

金利は変動するため、一概には上記の金額とは言えませんが、2万円以上は受け取れるのではないかと考えています。

いくらで1枚買うべきか?

証拠金維持率が悪化すると、くりっく株365はロスカットされてしまいます。ロスカットにならないためには株価指数(FTSE100)の下落を想定した資金が必要となります。

▼証拠金維持率の計算方法
証拠金維持率 = 受入証拠金額 ÷ 必要証拠金 × 100

ご注意
ロスカットとなる証拠金維持率はご利用の証券会社によって異なります。取引をされる際には必ずご自身でご確認ください。

ロスカットにならない運用資金とは?

FTSE100は2016年2月に5,499まで下落しました。このことから5,500までの暴落は考えられるため、ロスカットを免れるには下記の金額以上で1枚買うべきと考えます。

▼現在値を7,000とする計算式
7,000-5,500=1,500
(1,500×100倍)+証拠金32,000円=182,000円

過去最大の下落について
2011年8月の米国債ショックの時には、過去最安値の4,784を記録しています。ここまでの下落はなかなか生じないと思いますが、絶対にロスカットにならない安全な金額は30万と想定しておくと大丈夫でしょう。

FTSE100を30年複利運用したシミュレーション

初期投資100万円、現在のFTSE100は約7,500のため、レバレッジ3倍の25万円で1枚買い増しすることを想定したシミュレーションです。
2018年度の年間配当相当額は20,353円(想定価格)、この条件で30年もの長期運用するとどうなるでしょうか?

経過年数 資産総額 ポジション数 年間配当額
0 1,000,000 4 81,412
1 1,081,412 4 81,412
2 1,162,824 4 81,412
3 1,244,236 4 81,412
4 1,325,648 5 101,765
5 1,427,413 5 101,765
6 1,529,178 6 122,118
7 1,651,296 6 122,118
8 1,773,414 7 142,471
9 1,915,885 7 142,471
10 2,058,356 8 162,824
11 2,221,180 8 162,824
12 2,384,004 9 183,177
13 2,567,181 10 203,530
14 2,770,711 11 223,883
15 2,994,594 11 223,883
16 3,218,477 12 244,236
17 3,462,713 13 264,589
18 3,727,302 14 284,942
19 4,012,244 16 325,648
20 4,337,892 17 346,001
21 4,683,893 18 366,354
22 5,050,247 20 407,060
23 5,457,307 21 427,413
24 5,884,720 22 447,766
25 6,332,486 25 508,825
26 6,841,311 27 549,531
27 7,390,842 29 590,237
28 7,981,079 31 630,943
29 8,612,022 34 692,002
30 9,304,024

元金100万円が9倍以上に増えました。
このシミュレーションはレバレッジ3倍とかなり資金に余裕を持たせた内容ですので、レバレッジを大きくかけることで更に資産の増加スピードが上がります。

税金を取られることなく複利運用ができる

くりっく株365では決済したときに初めて売買差益や配当金に課税されるため、購入したポジションを保有し続ける限り、課税対象外となり確定申告を行う必要はありません。
また、配当相当額は発注可能額として加算されるため、決済することなく配当相当額で複利運用が可能です。

複利運用を目指すのであれば、出来る限り税金は支払わずに(決済せずに)利益を次の購入に回していきたいものです。

ニク

▼良かったらクリックお願いしますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA