【トラリピ】2018年12月31日~2019年1月4日の不労所得は9,384円でした

こんにちは。ニクです。
2018年12月31日~2019年1月4日のトラリピによる不労所得は9,384円でした。

昨年12月からトラリピの運用を開始しました。現在はAUD/USDとNZD/USDの2つの通貨ペアを275万円で運用中です。今後は証拠金を追加しつつ、取引通貨ペアを増やしていきたいと思います。

ニク

そもそもトラリピって何?という方は、下記の動画をご覧ください

さらにトラリピを詳しく知りたい方は関連記事をご覧ください。
【関連記事】トラリピ始めました。実際やってみて分かったこと

今週の成績

実際の「成立履歴」と「口座状況」画面です。
利益金額は4ドルですが、トレール注文を設定をしているため、利益が増加している間は決済されません。
このトレールの仕組みにより、一つの決済で損益が大きく取れました。

MEMO
トレール注文は、相場の値動きに応じて、自動的に注文価格がついていく逆指値注文で、決済専用の注文方法です。トレールとは「追いかける」という意味で、「利益を伸ばしたいけれど、下落し始めた時は利益を確定したい」という場合に使います。

口座状況は「評価損益」がプラ転しました。
AUD/USDの含み益が多いためです。含み損がないと相場が動いた時にも利益が出せないので、レンジ内で大きく動いてくれないかな…と思います。

ニクのトラリピ設定

一つ失敗したな(^_^;)と思うのは、選択した通貨ペア。
この2つの通貨ペアは買いポジションでスワップポイントを取られます。
せっかくの利益が出ても、どんどんスワップで奪われていく…( ノД`)シクシク…

次はCAD/JPYのようにスワップが貰える通貨ペアを追加しようと思います。

通貨ペア 取引単位 売買 レンジ 本数 利益金額 全成立証拠金
AUD/USD 0.1万通貨 0.6010~0.8500 250 4ドル 1,448,257円
0.1万通貨 0.8510~1.1000 250 4ドル 1,718,857円
NZD/USD 0.1万通貨 0.5510~0.7000 150 4ドル 833,255円
0.1万通貨 0.7010~0.8500 150 4ドル 934,155円

アップルショックの発生

1月3日にアップルショックが起き、運用中の2つの通貨ペアで大きな下ひげが発生!
ここ数年、為替でこんな赤ひげ見ていません(^^;)

指定していたレンジ内での大きな下落だったため、
安値をしっかり拾ってくれていました。
ここでポジションを持てたのは非常に大きい♬

トレール設定が効いているため、まだこの時に拾った建玉は半分以上保有したままですが、今後が楽しみです。

マネースクエアの口座開設

トラリピをやってみようという方は、マネースクエアの口座開設が必要です。
3月31日まで新規口座開設と条件達成で『実践 FX トラリピの教科書』とマネースクエアポイントが貰えるキャンペーンが実施されていますよ。

マネースクエア ポケトラアプリ用

▼良かったらクリックお願いしますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA